早稲田大学「教育学部」英語5年分16題手書き解説プリント
59ba30f33210d551c0000340 59ba30f33210d551c0000340 59ba30f33210d551c0000340 59ba30f33210d551c0000340 59ba30f33210d551c0000340 59ba30f33210d551c0000340

早稲田大学「教育学部」英語5年分16題手書き解説プリント

¥2,000 税込

※こちらはダウンロード商品です

waseda-kyoiku-english.pdf

20.4MB

早稲田大学教育学部志望のあなた! 教育学部の問題の特徴をきちんと把握できていますか? 早稲田大学教育学部の英語の特徴は3つあり ・硬質な長文問題が会話長文を含め4題で、各長文にそれぞれ設問が10個ずつ設けられていて、文法問題を絡めつつの多彩な角度の問題の数々を処理する必要がある →迅速に処理しなければいけないという点では早稲田大学の問題の中でもトップクラス ・長文の内容はありとあらゆるジャンルから採用されつつ、どれも論旨が明解でありながら角度を変えた内容も盛り込まれ、普通の長文問題集では対応しにくい非典型構成となっている →読みながら解いていくと確実に詰みやすくなる&時間的・難度の問題で全ての設問にアタック出来ない可能性がある ・解き方を身につけ、要領よく解答する術を身につけつつ文法強化も怠らないようにしていかないと、内容では合ってても文法レベルでバツという選択肢も紛れている というように、問題数の多さ、難易度ともに早稲田大学の中でもトップクラスの学部なので差が付きやすく、合格ラインは低めです。 一方でそんなに長くない長文なので、設問間の連動で解ける問題も割と多く、解答要領を身につけておくと合格しやすいお得な学部とも言えます。 以上のことを踏まえて本教材では、ただ漠然と読んでいくのではなく、最小限(つまりは誰でも読めるレベルの箇所で解答の根拠を得やすい場所)の特定をしながらも、設問を論理関係を駆使する方法をお伝えしていきます! 本教材を使って早稲田大学教育学部に合格してください!

その他のアイテム