早稲田大学「政治経済学部」英語長文15年分44題手書き解説プリント
598e8f42428f2d434a016f03 598e8f42428f2d434a016f03 598e8f42428f2d434a016f03 598e8f42428f2d434a016f03 598e8f42428f2d434a016f03 598e8f42428f2d434a016f03

早稲田大学「政治経済学部」英語長文15年分44題手書き解説プリント

¥4,000 税込

※こちらはダウンロード商品です

waseda-seikei-english.pdf

81.8MB

☆早稲田大学政治経済学部の英語の特徴☆ 早稲田大学の問題の中でも政経学部の問題は ①設問の難度が高くない ②基礎学力を重視している ③パラグラフ単位の問題が多く、比較的取り組みやすい レベルの1つの長文の中に a)論旨を聞く問題 b)パラフレーズ問題 c)語句整序 d)パラグラフ内の文整序 e)タイトル問題 f)論理展開を尋ねる問題 g)質問の意図を正しく汲み取る問題 といった問題を10個前後で尋ね、 さらにその長文が全部で3題あることから、 長文の読解練習だけを組み立てていても、上記の様な量と質の設問を丁寧にさばくのにはかなり苦労をしてしまいます。 (たいていはここで脱落してしまいます) ☆教材の特徴☆ 本教材では上記のような早稲田の政経の大量の問題を正確に解いていくために、論理的に最短距離で答えを導いていく解き方を解説しています。 英語の基本の「使い方」をしっかり研究してもらうと、そんなに深く読まなくても解ける設問が多いため、短時間で高得点も可能になってきます。 また長文の中には難度の高い英単語も混ざってはいますが、解答を作成するのに全く障害になりません。 むしろ何を言ってるのか?を論理的に尋ねている設問ばかりなので、少し考え判断すればきちんと正解にたどり着ける問題ばかりとなっており、少し難易度の高い英単語で読むのが止まってしまう人にも最適な教材となっています。 ☆志望校レベル別の使い方☆ ・早稲田政経志望の人 早稲田政経学部入試での長文の取りこぼしは 受験生の層が高いレベルで厚いので、非常に痛いです。 そういう意味でも大量に練習を重ねておいて 安定して高得点が狙えるようにしておきましょう! ・早稲田志望の人 政経学部の英語の難易度は早稲田大学の中では真ん中あたりになりますので、他学部の過去問の練習の前に練習しておくのにも良い素材となっています。 ・慶応志望の人 政経学部の英語は、慶応に近い視点を持っていますので、慶応大学志望の方の前練習としても使いやすい内容となっています。 ・MARCH志望の人 早稲田の政経の問題はMARCH対策にも実は最適な内容ですので、ある程度負荷をかけながらMARCH合格を確実にしたい人にも良い練習となります。 読解力と設問を解く解答力のバランスが、早慶、MARCH合格には不可欠となりますので、このプリントを使って無事合格を果たされることを切に願います。 ※こちらの商品はダウンロード商品となっております。 メールアドレスの登録の際にお間違えのないようご注意ください。

その他のアイテム