神戸大学理系数学17年分手書き解説プリント
586266c341f8e8e401001f1f 586266c341f8e8e401001f1f 586266c341f8e8e401001f1f 586266c341f8e8e401001f1f

神戸大学理系数学17年分手書き解説プリント

¥3,000 税込

※こちらはダウンロード商品です

kobe-math.pdf

27.2MB

神戸大学理系数学の2000年から2016年までの手書き解説プリントです。 ☆この教材の特徴☆ ①二次試験となると、難しい問題なども含めてレベル的にオーバーワークな勉強になりがちですが、この2大学は全国国公立の中でも特に汎用性の広い基礎〜標準レベルの問題のみで構成されているので、ご自身の志望大学の過去問演習の前にまたは日常学習において演習されると、大きな成果に繋がりやすい力がつきます。 ②問題、解説の全てを手書きで解説してありレイアウトなども自由に作成していますので、インパクトのある解法提示(毎問で書いてあります)や細かい計算の注意点も可能にしてます。(必要な公式も傍に明示しています) ③解法はオーソドックスなものを中心に解説はしていますが、その問題にありがちな回り道的解法の解説は極力排除して、汎用性の高いショートカットできる解法の解説を心がけています。 ④入試においてのマイナー分野(例えば極方程式など)にも公式や考え方をきちんとまとめていますので、その分野はそのまとめだけで特に問題が無いように配慮しています。 ⑤国公立二次試験では、着眼点は割とわかり易くとも計算処理などが煩雑なため途中で解くことを断念するケースもありますが、この2大学はそういう煩雑な面も兼ね備えた構成になっていますので、速く正確に解く練習としても使えます。 ⑥試験会場で実際に書くべき解答(計算過程は多少端折ってもらっても大丈夫です)で構成してありますので、論述答案とはこういう感じなのだなということも掴みやすくしてあります。 ※こちらの商品はダウンロード商品となっております。 メールアドレスの登録の際にお間違えのないようご注意ください。

その他のアイテム